FC2ブログ

小泉首相が「お詫び」

とうとうというか、ついに小泉首相が国際会議でお詫びすることになった。
1995年に当時の村山総理がその旨の発言をし、それを踏襲する形での今回のお詫びとなった。

元ネタはこちら → 小泉首相 バンドン会議で「反省、おわび」 異例の演説

さぁ、どう出てくる?中国政府!

ただ、間が悪いことに、この時期に靖国神社に参拝する輩がいるので、ここからまた、訳のわからん理屈をこねてくる可能性はあるだろう。
(私はここまで靖国にこだわる理由がよくわかりません。勉強不足なのだろうが・・・。)
また、中国政府が「この程度では、不十分だ!」という可能性も否定できない。
しかし、(もう既に対策を打っているようだが、)これ以上こじれると中国の面子が丸つぶれになるばかりか、今度は中国が過去の歴史をぶり返されて、非難される可能性が高くなる。
既に、欧米では中国に批判的な意見が体制を占めており、それを受けてか、中国政府も必死で反暴動の動きをしている。が、バカな中国人民は、このまま5月の初旬の暴動もド派手にやってくれるだろう。
そうなると、中国政府が世界からバッシングにあい、本気で暴動を抑えようとするだろう。
しかし、抑止することでその流れが政府暴動に発展するという、中国政府にとっては最悪のシナリオになる可能性が高くなる。
中国大使は「態度で示せ!」とのたまっている。日本も態度で示す必要はあるだろうが、中国も態度で示す必要があるのでないだろうか。
前にも書いたが、事実は事実として受け止め、お互い大人の対応をしてほしいものである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

トラバありがとうございました。

そうですね。日本に限ったことではないですが、中国ももう少し大人の外交をしてほしいですよね。自分らの方がバッシングされ、オリンピックが以上の変更がIOCで検討されるなど、自分たちの首を絞めていることをそろそろ気づかないと、大変なことになりそうですね…。

以上です。

Unknown

すみませんが訂正です。

オリンピックが以上→オリンピック会場

のタイプミスです。失礼しました。


MARGARETさんへ

コメントありがとうございます。
さすがにやばいと思ったのか、政府がかなりひどい締め付けを始めています。
力で押さえつけるのは辞めて欲しいのですが。

またおこしくださいませ
プロフィール

Tatemaru

Author:Tatemaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR