FC2ブログ

涙そうそうプロジェクト『広島 昭和20年8月6日』雑感

内容が内容だけにいつもと同じテンションでは書けません。

細かいことを書いてもしかたない気がするので、全体を通しての感想をば。

表現はよくないですが、日常を描くことで、より、戦争の悲惨さを描こうということだと思いますが、前回の「さとうきび畑の唄」とは違った女性の目線から描くことで、より日常的な感じを出したかったのかな?

3姉妹がそれぞれテーマを持っていて、恋愛だったり、親子の絆だったり、兄弟愛だったり、仕事だったり、友情だったり・・・。

3姉妹もそれぞれよかったと思いますが、一番よかったのは一番下のトシアキ役の子かな?実は一番しっかりしてような気が。
意外と一番下の兄弟ってしっかり見てるもんかな?
上に誰もいないからよくわからんけど、妹と比べるとそんな気も少し。

ちょっとひっかかったのが朝鮮の扱い。
いろいろ資料をひっくり返して作ったと思いますが、実際はあんなもんじゃなかったように聞いています。

最初の説明は必要だと思いますが、最後はもう少しあっさりしてても。
トシアキがいる時の詳細な話ができるのは理解できるんですが、いなくなったあとはどうやって状況を把握したのかな?いっちゃいけないことか。(爆)

こういう形で、平和であることの大切さが伝わっていけば・・・。


「過ちは繰返しませぬから」

この誓い、残念ですがまったく守れてません。それも当のアメリカが。
ただ、日本も唯一の被爆体験国として、言えることが言ってない以上、同罪だと。


言いたいことの一部分かもしれませんが、何度かこういうのをみているとはいえ、最後の写真で十分インパクトがあって、それで十分だと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

http://blog.goo.ne.jp/pegasus_es2004

あの松たか子の扮する「志のぶ」が愛する人を待ちながら、一瞬の閃光で後の岩に影を残して、遺体ものこさず消えてしまったのを見て、ほんとうに人間のすることではないと思った。
戦争というものは、そんな狂気の沙汰が当たり前になってしまう。
人間の持っている理性などは、麻痺させてしまうのだろう。
アメリカ人の大半はそれでも、原爆投下は肯定するものが多いらしい。
\"We never forget Peal Harbor!\"
それ以外に、実戦で使ってみたかったというのが本音だとすると…

推理してみたんですが・・

TBありがとうございます。
実は番組中、ずっと西田敏行はもとは誰か、と推理しながらみてました。ストーリーを知ってるわけだから、私は国分で、ぎりぎり助かった、ということじゃないかと思ったのに、全くその場にいなかった弟とは・・・普通に「あんた、しらんやん!」とつっこみました・・・

ちょっときれいすぎ、という感じはぬぐいされませんねぇ。。。

Unknown

細かいことをあげれば、確かに謎な部分が残る展開でしたが、それでもなかなかよく出来たドラマだったと思いました。
最後のエンディングの映像が、原爆の爪あとの大きさを淡々と物語っていたのが印象的でした。

初めまして

TBありがとうございました(^^)
こちらからもTBさせていただきますね。
本当にいろいろ考えさせられるドラマでした。
戦争は繰り返しちゃいけませんよね。

TBありがとうございます

こうしてドラマを見た人達が戦争への認識を深めて、自分の考えを伝えていくだけでも、このドラマが価値のある作品だったことがわかりますね。
戦争のない世の中を願ってやみません。

Unknown


皆様、コメントありがとうございました。

安頓さん
>アメリカ人の大半はそれでも、原爆投下は肯定するものが多いらしい。

アメリカの言い分としては、原爆投下で無条件降伏が早くなったということらしいです。
わからない意見ではないですが、それとこれとは別やろ!と思います。


推理してみたんですが・・ (keiko)
>普通に「あんた、しらんやん!」とつっこみました・・・

はい、私も(爆)

>ちょっときれいすぎ、という感じはぬぐいされませんねぇ。。。

勝手な想像ですが、朝鮮人の部分を除いては意図的にきれいにまとめた感があります。
その原爆投下後のギャップを狙って。


lavishさん
いつもありがとうございます。
>それでもなかなかよく出来たドラマだったと思いました。

テーマに対しては非常に明確なドラマでよかったと思いました。

>最後のエンディングの映像が、原爆の爪あとの大きさを淡々と物語っていたのが印象的でした。

ああいう写真は何度も見てますが、見るだけでいろいろと考えることがあります。


こうりんさん
>本当にいろいろ考えさせられるドラマでした。戦争は繰り返しちゃいけませんよね。

今も、どこかで間違いなくドンパチしてると思うと・・・困ったものです。


Toshikoさん
>こうしてドラマを見た人達が戦争への認識を深めて、自分の考えを伝えていくだけでも、このドラマが価値のある作品だったことがわかりますね。

8月というのは日本にとって「戦争」というものを意識する時だと思います。
当然、このドラマもそういう意図で作られたわけで、目指したものは十分果たせたドラマだと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

Tatemaru

Author:Tatemaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR