スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想外?の無期懲役判決

大方の予想?を裏切って無期懲役の判決がでました。
ちょっとあるかも・・と思っていたので、びっくりまではしないものの、しっくりはこないかも。
ってのが正直なところです。

遺族の心情だけでなく、報道されていることが事実だとしたら、情状酌量なんてものはまったく必要なく極刑でもやむなし。それを裁判官も認めたし。

しかし、過去の判例から照らし合わせると1人だったら無期までというケースがほとんどだし、残忍性というのは主観によるところもある。
それに裁判官は死体切断と殺人は別と判断したらしいし。

さらに、反省したフリもしてるようだし、何より、「死刑でいい」なんて最後のカードも切ってるわけだし。
そうなると、1審の判断として、個人的な意見は横においといたとして『想定の範囲内』というところでしょう。

ただ
「身勝手な保身のみを求め、被害者を物のように扱った」
「性的欲望の充足を求めた自己中心的な犯行で、酌量の余地は皆無だ」
と判決文にあるように、そこらの殺人?(って表現も変だけど)と同じとするのは。
死刑にはならず、有期刑である無期だったのは・・・。
やっぱりしっくりいかんわ・・・。

あえて、無理やりあげるとしたら、検察のいらん演出がマイナスになった可能性は・・・ないのかな?


戦慄すら、でも残虐極まりないとまでは…星島被告判決
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tatemaru

Author:Tatemaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。