スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラスト・フレンズ』第6話「命がけの逃避行」メモ

今回は大台の20%を超えるんでしょうか。

独占欲ってやつですか?
携帯廃棄ですか。度が過ぎれば・・・ってやつなんでしょうけど。

あら!?結局戻ってきたのね。>オグリン(山崎樹範さん)

試験的別居?
そんなのやってる時点で夫婦として終わってると思うが(実体験込)
紙切れ1枚が重いのはよくよくわかるが。
未練たらたらってやつですか?
とっとと別れろ・・・と思うが。

また特殊メイク?
言わせてもらうが、やるならもうちょっと気合入れてやらんと。
傷のつけ方が微妙・・・。なんか、ホラーじみてきてないか?

2時間おき?普通のサラリーマンにはできないと思うが。
それに家まで戻ってる???
公務員ってそんな暇でないと思うが。

驚かずに受け止めてくれる人は・・・なかなかいないと思うけど。

まだネタふりだけで、結局何者かわからん姉貴。
女性恐怖症の原因であるのはわかってるが。。。。
まだまだ、ここは引っ張るのね。

ゆるさかぁぁ。確かにわからんなぁ。
人との人の間に完璧ってのもないと。。。

完全に人格崩壊に向かってるような気がするんだけど。

またストーカーですかい?ここまで来ると立派な犯罪者にしか見えないけど。。
それに、脅迫行為だよな。しょっぴいた方がいいと思うが。

壁はあると思うけどな・・・大なり小なり。
特にこういうケースなら余計に。
まぁ、気づかないほうも・・・。
シェアハウスで数ヶ月?もいない相手が察しついてるわけだし。

あら?。そっちが先?
その関係が壊れたら、なんか周りも崩壊していきそうな・・・。


ラスト・フレンズ 公式HP

過去のメモです。
『ラスト・フレンズ』第1話「誰にも言えない悩み、DV、妊娠、禁断愛」メモ
『ラスト・フレンズ』第2話「命がけの秘密」メモ
『ラスト・フレンズ』第3話「命を削る想い」メモ
『ラスト・フレンズ』第4話「引き裂かれた絆」メモ
『ラスト・フレンズ』第5話「衝撃の一夜」メモ

主題歌:
Prisoner Of Love(CD DVD)
宇多田ヒカル
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

このアイテムの詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

きょうさん、こんばんは?!

>傷のつけ方が微妙・・・。なんか、ホラーじみてきてないか?
ゴムみたいなのをはっつけてるのが丸わかりですよね。特に病院での眼帯取るシーンで、あざの部分がピカっと光っててかなり引きましたが、 ホラーじみて て、もしかしてあえてそれ狙い?(笑)

>それに、脅迫行為だよな。しょっぴいた方がいいと思うが。
あれほどのことをする相手に対しての対処の仕方があまりにも甘すぎますよね?。あくまでも自分たちだけで処理しようとするところがどうもね???・・・

>その関係が壊れたら、なんか周りも崩壊していきそうな・・・。
なんかだんだんに、もしかしたらあれは次週への引っ張りで、単に「人間として好き」ってことだったんじゃないかと思ってみたりもするんですけどねえ。瑠可が安心して話せるようにという心遣いで。違うかなあ?

ではまた?!

●いつもお世話になってます。●

☆まりりんさん☆
いつもありがとうございます。

>ゴムみたいなのをはっつけてるのが丸わかりですよね。
>特に病院での眼帯取るシーンで、あざの部分がピカっと光っててかなり引きましたが、 ホラーじみて
>て、もしかしてあえてそれ狙い?(笑)

たぶん。それ狙い(笑)
もうちょっとごまかし方ってのがあったような。


>あれほどのことをする相手に対しての対処の仕方があまりにも甘すぎますよね?。
>あくまでも自分たちだけで処理しようとするところがどうもね???・・・

現実は呼ばないだろうなぁ。好きだからって理由で。
だからわかりにくいでしょう・・・と勝手に推測してみる。


>なんかだんだんに、もしかしたらあれは次週への引っ張りで、単に「人間として好き」ってことだったんじゃないかと思ってみたりもするんですけどねえ。
>瑠可が安心して話せるようにという心遣いで。違うかなあ?

それだと、おもしろくもなんともない(笑)
ドロドロしないと・・・ねぇ・

これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

Tatemaru

Author:Tatemaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。