スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至極当然の死刑判決(光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審判決)

これほど、世論が死刑賛成に偏るのも珍しい事件。
その判決が出ました。

「死刑」がいいかどうかはちょっと置いといて、今回の事件に関しては、どう言ったところでそれ以外の結論を出すことはあってはいかんという空気がただよってたからなぁ。
この判決はある意味、当然だと思います。

オイラ個人の感想?だけど、あの「友人に宛てた手紙」がなければ、この展開はなかったと思う。
あの文書を、どうがんばって読んでも「確信犯」「反省なし」としか取れないわけで、あれがある以上、誰が何をどうほざこうが、「更生は不可能」と考えるのは至極自然のことだろう。
それに「ドラえもん」「復活の儀式」を筆頭に、寝ぼけた弁護士どもが追い討ちをかけてくれたので。

しかし、何故にここまで時間がかかったのかが、全くの謎。
こんなの第1審から死刑以外の判決が出ることそのものが大きな間違いなわけで。
わざわざ最高裁まで行ってること自体、時間と金の無駄。
なんで、あれで更正出来ると判断するのか。。。。理解できんわ。

で、なにより、この裁判の、ある意味の主役は弁護人ども。

馬鹿弁護士どもの「死刑廃止論」はまだいいわさ。個人の思想だし。それをどうこう言うつもりはない。

問題は、いくら注目の裁判とはいえ、「死刑廃止論の広報」にこの事件を選んだのは間違いでしょ?
そしてその方法、論理があまりに突拍子もなく、お笑いだったこと。

いくら依頼人に有利に働くようにするってのが仕事とはいえ、はっきり言って完全に逆効果でしょ。

オイラも「死刑廃止論者」とまではいかないけど、基本的には「死刑反対」の考え。
が、この事件に関してだけは、即刻、死刑執行以外はありえないとすら思ってる。
本村さんが、生きて反省しろということなら、それは尊重すべきだと思うが。
少なくとも、本村さんが福田被告を殺したいとおっしゃるなら、この事件に関してはやってはいかんことは重々わかっているが。。。とすら思う。

本気で福田が反省してるというのであれば、現実問題として、すぐに刑が執行されるわけでないので、今回の事件の事実を全てあからさまにする必要はあるだろう。

元記事:
「9年間非常に長かった」と本村さん=葛藤抱え、求め続けた極刑?光市母子殺害(時事通信) - goo ニュース
光母子殺害、元少年に死刑判決(gooニュース) - goo ニュース
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tatemaru

Author:Tatemaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。