スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『働きマン』第4話「憧れと涙…振り向きマン!!」メモ

今回は渚マユ(平山 あやさん)の回

編集長を30歳って。。。あるとしたら新刊か?まぁ、ねぇだろうなぁ。

1年かぁ。それくらいかかるかなぁ。
実際大変だろうしね。想像でしかないけどさ。
今、そこまでしないといけない作家がどれくらいいるんだか。

仕事としろ、仕事。>マユ(平山 あやさん)
完全に公私混同しとるもんなぁ。
こりゃ確かに担当に・・とかいう以前。編集者として根本的に問題だわ。

基本ボケかい?ツボ割るってさ。
試作品でも、相当の額だろうねぇ。
まぁ、売り物じゃないから、どうでも・・・いいのか?

デートってそんな気合入れるもんか?>松方(菅野 美穂さん)
気合いれるのはいいけど、なんか間違ってる気がするが。。。

なかなかないなぁ。トキメクことってさ。
中年になるとトキメクことが自体がトキメキだからねぇ。

本人捕まえたらいい話やん。>菅原(津田 寛治さん)
それも勘違いやしさ。いい迷惑すぎだわ。

それにしても、どこまで「いいひと」なんだ。この人は。>新二(吉沢 悠さん)
自分でも、反省というか後悔しとるみたいだけどそれでも行かせてしまうのが、やっぱりいい人。

「24」のパクリか?
なんで、54歳かが・・・そこまで追求しちゃだめか。
中年主役のピュアものって・・どうしてもドロドロしたほうを想像しちゃうからなぁ。
でも、韓国パブでピュアな話になるのかどうかは、相当謎。

連載小説の初回って確かに大切といか、大事ですわ。
ここがだめだったら、あとあと読む気なくすしね。

あら!?また最期においしいところもってたなぁ。>邦男(速水 もこみちさん)
そんな役だったんかい?

働きマン音頭、てっきりもこみちさんだと思ってたら、平山さんでした。
ってことは、今度は予告から見るに、津田さんかな?



『働きマン』 公式HP

過去のメモです。
『働きマン』第1話「恋愛より仕事…なんてカッコイイ話じゃない!!」メモ 
『働きマン』第2話「女の敵はオンナ!?」メモ 
『働きマン』第3話「いつか勝負をかけるぞマン」メモ 

原作:
働きマン (1)
安野 モヨコ
講談社

このアイテムの詳細を見る


主題歌:
浮世CROSSING(初回生産限定盤)(DVD付)
UVERworld
ソニーレコード

このアイテムの詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tatemaru

Author:Tatemaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。