fc2ブログ

『花嫁は厄年ッ!』最終回「女32歳!災い転じて幸せわしづかみ!!」メモ

最後に?だったところを一応、答えを出してくれたのはよかったと思います。

前半は病院でも結婚式。以上。
迷惑だろうな>周り。(笑)
それ以外、本当になにもなかったもんなぁ。

そう、思うと、1話前と足してうまく編集したら、1話+10分くらいでまとまるような気がしないでもないが。

でも、蛭子さんが、佐藤さんのだんなってのは、改めて、納得がいかんというか、選択肢としてありえんでしょ(笑)
結局、からみもほとんどなかったし。

真ん中で、まさかと思ったんです。
始まる前は、きれいにまとめるだろうって思ったにもかかわらず。
でも、一瞬、「あ、それありかも・・・」って頭によぎってしまったオイラも、性格悪いわ(自爆)

ただ、終わってみれば、落ち着くところに落ち着いた感はあり、それはそれはよかったです。
この手のドラマにはしては珍しく、アフターがちゃんと描かれたいたのも◎でした。

ただ、もやもやしたものをここまでひっぱるってのも。
見てたら、「そういわれてみれば・・」みたいなところが多くて。
見てるからいいようなものの、見てない人には、「なんのこっちゃ?」って感じだと思います。
ああいうのって、1話くらいで答えださないと忘れるし。

最後のエンドロールは番組?ってわけでもないし。総集編か。
よくわからんかった。

これで、今期は終了です。
(と、言ってもネタにはしてませんが、「怨み屋本舗」は10月にならないと終わらりませんが。)


で、今期のまとめは こちらです。

2006年7月期 ドラマ総括1(主観)
2006年7月期 ドラマ総括2(部門別)

総括なので、グダグダ長いのはご了解くださいませ。



関連biog:
秦建日子先生のプログ

過去の感想:
第1回「大災難は32歳にやって来た!!」感想?
第2回「桃畑は地獄だった」感想?
第3回「法事は覚悟しいや」感想?
第4回「田舎にサイナラ!」メモ
第5回「母にほめられたい」メモ
第6回「母の切ない気持ち」メモ
第7回「思い出の線香花火」メモ
第8回「母の愛情と嫁の涙」メモ
第9回「涙のプロポーズ拒否私は騙した女です!!」メモ
第10回「さよなら、お母さん家族を見守る桃の樹」
第11回「最高の結婚式の日にお母さん、倒れる!」メモ

関連ネタ:
2006年7月期 ドラマ期待度
今期は総じてしょぼいのか?(2006年7月ドラマ中間評価)



花嫁は厄年ッ! 公式HP
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tatemaru

Author:Tatemaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR